福祉・介護系の仕事に、精神保健福祉士の仕事がありますがご存知でしょうか?福祉・介護系の仕事の精神保健福祉士の具体的な仕事の内容はどのようなものなのかというと、保険医療機関、または精神障害者社会復帰施設といった福祉・介護系の施設で精神障害者が、社会復帰できるように相談に乗ったり訓練をサポートするといった仕事が精神保健福祉士の仕事です。

福祉・介護系の精神保健福祉士に相談が寄せられる内容としては、住むところの問題や経済的な問題、友達関係や人間関係、就職などに関することなど実にいろいろな相談が寄せられています。福祉・介護系の精神保健福祉士の仕事で日常生活の訓練をサポートする場合には、買い物に一緒にいったり、交通機関を一緒に利用したり、掃除などの基本的な日常生活の訓練を行うのが仕事です。

福祉・介護系の仕事の精神保健福祉士の資格は国家資格です。大学で指定された科目を勉強した人や、精神保健福祉士の養成施設を卒業した人が精神保健福祉士の資格試験を受験することができます。資格を取得後は、病院や精神病院、精神科などの医療機関や精神障害者施設などの福祉・介護系の施設で仕事をすることができるといわれています。
ヌレヌレラブリーキッス