最近、子どもの偏食が問題になっています。「ご飯を食べないでお菓子ばっかり食べる」「好き嫌いが激しくて野菜を食べない」といったものですね。

子どもの偏食が起きている原因は何でしょうか?その答えは…『親』。
親がその点はしっかり管理しなければいけないのです。

子どもが自分で栄養管理できるのであれば、親はとっても楽でしょう。子どもが自分で『βカロテンが足りない』と言ってニンジンを購入し自分で料理して食べる…なんてことがあれば、どれだけ楽なことか。
しかし、実際はそんなことありえないですよね。子どもの料理は親が作るものです。

つまり、子どもの栄養管理は親の仕事。すべてを子どもにゆだねるのはいけません。
「食べたくない」という子どもに無理やり食べさせるのは嫌!という人がいるのもわかります。自分の子どもですから、可愛くて仕方ありませんしね。
しかし、そこは心を鬼にして食べさせるか、食べてもらえる工夫をする必要があるでしょう。

例えば、ニンジン嫌いの子の場合、ニンジンチップスを作ってあげたらどうでしょう?
むしろ大好きなお菓子に似せて作ってあげるのです。そうすることでニンジンへの嫌悪感が薄れ、食べてくれるかもしれません。

最近ではみやびの植物酵素100といった栄養のサプリメントもたくさん出ています。こちらは特に酵素がたくさん入ったサプリメントですね。
こういったものを使用しながらでもよいですが、栄養をしっかり摂らせてあげるようにしましょう。