サプリメントで食物繊維を摂取する場合、含まれている食物繊維が水溶性か不溶性かをチェックする必要があります。食物繊維には種類があり、コンニャクにはグルコマンナン、果物にはペクチン、海草類にはアルギン酸という水溶性の食物繊維があります。

水溶性食物繊維は、コレステロールを吸い付けて身体に吸収されづらくしたり、腸粘膜をガードして、血糖値の上昇を抑制する効果があるといいます。この他、腸の善玉菌を増やし腸内環境を改善する効果などが得られるため、食物繊維を配合したドリンク系のサプリメントは数多くあります。食物繊維が配合されている青汁や野菜ジュースなども人気の商品であり、飲み方は普通の清涼飲料水と同じに飲めばよいのでとても簡単です。

一方、水で溶けない食物繊維が、不溶性食物繊維です。腸でかさをまし、便を多くしてくれますので、お通じをよくしてくれる成分です。不溶性サプリメントをサプリメントで摂取する場合は、水溶性サプリメントも一緒含まれている粉タイプや、タブレットタイプがあります。普段の食事だけでは、食物繊維は欠乏しがちです。そのため食物繊維のサプリメントを使って、手軽に摂取するのはいい方法です。

できれば、食物繊維を摂取できるような食事を摂った上で、足りない分だけをサプリメントで補給するという形にするほうが体にはいいようです。食物繊維の多い食事にするなら、白米を玄米に変えるのが手っ取り早いでしょう。

なかなか実践が難しい、サプリメントで迷ったら、手軽で簡単なすっぽん小町を試してみてはいかがでしょうか。肌荒れ改善にも良いですよ。

パン食の人は、全粒粉パンや、小麦胚芽米パンが適しています。ヒジキ、昆布、ワカメなどの海藻を積極的に摂取する方法も、良く知られている方法です。食物繊維を多く含む食事メニューを心がけつつ、不足分はサプリメントで補うことで、効率のいい食物繊維の摂り方ができるでしょう。