にきびというのは余分な皮脂分泌が原因となって、毛穴が詰まってしまうことでおこる皮膚の炎症です。

にきびといえども軽く考えずに皮膚の病気ときちんと捉えて治療をすることが大切です。にきびの種類によってその原因はいろいろとあります。まず白にきびといってにきびの初期症状にあたり、毛穴が詰まって皮膚表面に白く盛り上がった状態になるものがあります。白にきびは毛穴が閉じてしまうことが原因でできてしまいます。毛穴が閉じるのを防ぐには、毎日の洗顔を適切に行って、皮脂がきちんと排出されるようにすることです。そして毛穴内部に詰まった皮脂が毛穴の外にまで押し上げられてくることがあります。これにより毛穴が開き、入り口で酸化して黒ずんでいる状態を黒にきびといいます。黒にきびは毛穴のつまりと、皮脂分泌が過剰なことが原因でしょう。赤にきびは軽症の白にきびや黒にきびを放っておいて毛穴に炎症をおこしてしまった状態です。
フレナーラ 公式サイト