まったく自分では気がつかないうちに突然顔などにシミができていてショックを受けることがあります。

この肌にできるシミとはいったいどういうものなのでしょうか。シミは皮膚の表面が茶色や褐色に変化してしまった状態です。これは主に紫外線によって色素沈着がおこったことが原因です。シミを引き起こす原因は主に紫外線によってメラニン色素が増大することにあります。シミは肌の肌の下で育っているということも考えられます。今はまだ表面に現れていなくても、いつか時間の経過や加齢ともに現れてくることもあるので気をつけなければなりません。シミにはいろいろな種類があるのですが、そのひとつは炎症性色素沈着というものです。これはやけどやかぶれ、にきびなど肌の炎症が引き金になってシミができるものです。この炎症性色素沈着は比較的レーザーなどで治療しやすいものです。老化現象の一種である老人性色素斑というものもあります。
ドクターソワ 店舗