戸建て住宅の防犯対策を行っているのでしょうか。
マンションや商業施設に比べると戸建ては窃盗が侵入しやすいと言われています。

戸建てとマンションといった住居は商業施設や事務所と比較すると窃盗が侵入する割合が高くなっています。
とくに、戸建てはマンションと比較するとセキュリティーが低かったり、侵入しやすかったりします。

戸建て住宅に窃盗が侵入する場所は玄関でなく窓なのです。
勿論、玄関や裏口から侵入することもありますが、割合が高いのは窓から侵入するケースです。
戸建て住宅は、マンションなどの集合住宅と比べると窓が多いです。

玄関や裏口のドアを壊して侵入するのは、大変ですし音がしたり周囲の目がありますので窃盗からすればリスクとなります。
一方窓はガラスで出来ていますので、破壊するのがドアと比較すると容易です。
窓ガラスを全て破壊して侵入するのではく、ガラスの一部を破壊して錠を外して侵入するケースが多いようです。

玄関や裏口から侵入する場合は、施錠のし忘れの場合が多いようです。
ほんのそこまでお買い物、お隣さんの家までちょっと行く、ゴミ出しをしてくる、このようなほんのちょっとの間でも窃盗は侵入してきます。

戸建てのお住まいの方は、窓や出入口の施錠をきちんとすることと、ほんのちょっとの間でも玄関などの出入り口の施錠を忘れない、防犯に対しては油断をしないということが大切になってくるのではないでしょうか。

https://kagiake-gyosha061.net/