様々なクレンジング剤が各メーカーから販売されていますので、一体どれを選択すればいいかわからないという人は多いようです。オイル型、クリーム型、ジェル型、シェービング型が、代表的なクレンジング剤です。肌をこすらずにメイク落としができることがクレンジングジェルを使う上では重要なポイントになります。

水性のクレンジングジェルと、油性のクレンジングジェルがありますが、更に水性にはオイル入りとオイル無しがあります。クレンジングジェルを選ぶ時は、落としたいメイクの種類で決める必要があります。クレンジング剤の洗う力はさほといらない程度の薄いメイクの人は、オイルフリーの水性クレンジングジェルがちょうどいいでしょう。オイルインのクレンジングジェルのほうが、オイルフリーのクレンジングジェルよりメイク汚れを分解する力が強いので、メイクのタイプによってはこちらのほうが向いています。濃い目のメイクをする人は、洗う力が強くないクレンジング剤ではしっかり洗いきれないことがありますので、より洗う力のある油性のクレンジングジェルを使いましょう。たとえメイクがウォータープルーフで水には溶けないタイプでも、油性のクレンジングジェルなら問題ありません。どういうタイプのクレンジングジェルかを知るには、商品の成分欄をチェックしてみることですぐにわかります。もしも、成分表示の最初の部分に界面活性剤、または水と書いてあるクレンジングジェルがあれば、それは水性のクレンジングジェルです。最初に書かれている成分名が油性成分なら、油性クレンジングジェルに該当します。
psホワイトクリーム 楽天