一世一代のプロポーズの時。 婚約指をを準備して、特別な場所を選んで指輪ケースを差し出すまでのドキドキ。

そのケースをその場で開けて渡した人は、23%程であり、残りの77%の人は、その場で箱を開けられず、そのまま渡したそうです。

突然差し出された指輪にドキッとして自然に受け入れられる所までになっていれば良いですが、二人の気持ちに大きなギャップがあった場合の悲劇は大変なものが想像できます。 様子を見るために本当は、「仮」の指をを渡したい位かもしれません。 レンタル指輪なんてあったらどうなんでしょうね。

受け入れられれば買い取り、ダメだったら返却できる指輪ビジネスを全国展開。 需要はあるかもしれませんね。

大沢あかねさんの結婚会見時には、劇団ひとりさんが取り出した物は、「仮」の文字が書かれた丸い紙の指輪でした。 注文した指輪がその日までに間に合わなかったために、劇団ひとりさんが急遽手作りした「紙の指輪」を差し出して指にはめてもらったそうです。 それはそれで思い出深く素敵な感じもします。

プロポーズ用と割り切って、普段使いできる程度のダイヤモンドリングを送るのもありではないでしょうか。

その様な価格帯から本格的な鑑定書付きのダイヤモンドリングまで、選びやすいショップを探してみました。
それが、「一粒ダイヤ リング専門店」で検索するとトップに表示される人気の専門店です。

婚約指輪、結婚指輪やパーティ用にも活用できる天然ダイヤモンドをリーズナブルか価格で提供されている専門店として話題のお店です。